美しい文字って?

文字を綺麗に書く。

これは一体、どういうことなのか。

これがわからないと、他の人の悪筆を治すことはできないわけで。

美しさの要素は、

1.形

2.線の質

3.中心の統一などの全体感 

この三つです。

この3要素が揃うと誰が見ても美しい字となります。

また、このうちの一つでも秀でているとこれまた印象の良い書きぶり、となります。

指導の順番はこの順番通りに行います。

上達へのプロセスは皆同じですが、根本にある、上達を妨げる問題は人によって違います。

文字の形の捉え方のような、形のどこを観察するのかについてその習慣のない人は

お手本の見方をお教えします。

運動機能、例えば持ち方に問題があって思ったとことに線が引けないという場合もあります。人によって縦画が綺麗なのに、横画は安定しない人、左払いがつっかえる人、その不得手な線は人さまざま。それは、書いているところを拝見して、方策を考えます。

線質、というのは引かれた線画に滑らかさと明るさがあるか、という観点です。筆圧が問題になってきます。

美しい文字が書けるようになっていくその過程は、ひとつの成長記で、私にとっての幸せな物語です。

Recent Posts
Archive
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
Search By Tags