正しいペンの持ち方

 

基本のペンの持ち方を覚えましょう。

 

まず、人差し指と親指でペンの先から3センチくらいの所をつまみます。

 

残りの中指と薬指、小指をそっと丸めます。

この時中指は親指と人差し指で持ったペンを支えるようにします。

 

親指、人差し指、中指のそれぞれの指先3点がほぼ同じ力でペンを支えるように持ちます。

 

ペンを軽く支える程度です。

強く握ったり、人差し指で強く下へ押す必要はありません。

 

ボールペンは強く書かなくてもインクが出るように出来ていますので、

筆圧が強くなりすぎないように意識してみてください。

 

 

軽く握って練習をしていると、はじめのうちは線がふらつきますが、

強すぎず、弱すぎず、丁度の強さが体得出来ると、長時間書いても手が疲れず肩もこりません。

 

練習した紙を裏返して触ってみて、

線が浮き出ていたら、それは力が入り過ぎです。

 

もちろん、ペンだこが出来るのは、力が入り過ぎです。